ハンドメイドの記録と、小さな web shop のお知らせ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトミラーに、こぎん刺し
2013年11月25日 (月) | 編集 |
オリムパスさんのこぎん刺しキットに新シリーズが出てますね。
ポーチとコンパクトミラー。
ちょうど持ち歩き用の鏡が欲しいと思っていたので、作ってみました。
バッグ完成後、久々のこぎん刺しです。


図案と材料のセットもありますが、私は手持ちのもので作りたかったので単品にしました。
こちらのお店は送料込みなので利用しやすかったです。

できあがりがこちら。



コンパクトミラー(1)

コンパクトミラー(2)

ケンセンのコングレスに、しまやさんのこぎん糸で刺しました。
どちらも初めて使用。
コングレスの色は、上の写真の方が近いです。渋めのからし色。
体感的にオリムパス製より布目が細かく感じましたが、実際はほとんど変わらないみたいですね。
しまやさんのこぎん糸は、5本どり。ほぐれた糸端を見ると、一本が太めでした。
ヨリがしっかりしていて、刺し終わるまで糸の乱れはほとんどありませんでした。
ただ、もう少し大きな布目に刺す方が向いているかもしれません。糸目が詰まりすぎるのと、詰まっていることで糸のヨリが目立ってしまい、本来糸目の構成で見せる図案が際立たないというか…
4本どりにするといいのかな? でも、せっかくしっかりしているヨリをほぐすのは勿体ない。うーん。
なんにしても、糸と布の相性はしっかり見極めなければいけませんね。

針も、初のオリムパス製。前回の告知どおり使ってみました。
刺し心地はいいのですが、ヨリのしっかりした糸は細い針穴に通しづらかったです。
総合点で、私はつきやさんの針に軍配を。あくまで個人的好みによる判定ですよ。


図案は、こちらの本に載っていた「変形うろこ形」
偶数律です。
うろこは、刺し部分と布地のコントラストが好きです。

【反省点】
内枠の型を布に書き写したら、その線の3目外側まで刺すべし。
型の厚み部分まで刺してあるとキレイに見えます。
1目分では足りませんでした。がっくり。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。